サプリメント

ベジママは授乳中でも飲んでもOK?

ベジママは妊活中以外でも飲んでいいの?

妊活中の女性の間では有名なベジママ。

では逆に妊活中以外はあまり飲まない方がいいのでしょうか?

ベジママが妊活中に飲んだ方が良いと言われるのは、ベジママに含まれるピニトールという成分が不妊の原因に効果があると言われているからです。

女性の不妊に繋がる病気での原因で多嚢胞性卵巣症候群というものがあります。

これはホルモンバランスの乱れを引き起こし、排卵しにくくなってしまう病気で多くの女性が悩んでいますが、ピニトールはホルモンを整えて妊娠しやすい体に導いてくれるのです。

ピニトールは海外ではすでに多嚢胞性卵巣症候群の治療に使用されており、その結果妊娠できたという方はたくさんいます。

しかし、これだけ効果的なものだと妊活中以外に飲む事に少し抵抗があるという方も多いと思います。

中には妊活中はベジママで、「妊娠したら他のサプリに変えた方がいいのでは?」と思う人もいるのではないでしょうか?

ベジママはピニトールを含め妊娠中の人が飲んでも大丈夫な成分しか入っていません。そのためベジママを飲んで妊娠した多くの方が継続してベジママを飲んでいます。

妊娠中に大丈夫という事はもちろん授乳中に飲んでも赤ちゃんへの悪い影響はないという事になりますから心配はいりません。

ベジママには授乳中に必要な栄養素がたくさん入っている

妊娠中はもちろん、授乳中も自分が口にしたものは直接赤ちゃんの栄養になるので普段の食生活を気をつけているという方も多いと思います。

しかし授乳中に必要な栄養素は食事だけでは十分に摂取できていないものが多いのです。

例えば葉酸。葉酸は妊娠中は胎児の正常な発育のために欠かせないものですが、授乳中も健康な体を維持するためには欠かせない栄養素です。

しかし、葉酸は水に弱いため調理中にすでに半分もの栄養素が失われてしまうのです。

そしてビタミン。ビタミンが不足すると肌あれを起こしたり、抜け毛が増えたりします。産後の女性はよく肌あれや抜け毛に悩ませされますが、授乳中は赤ちゃんに栄養が取られてしまうので不足しやすいのです。

他にも授乳中に必要な栄養素はたくさんありますが、そのほとんどがベジママには含まれているのです。

さらに、授乳中は母乳を出すため、体の水分が不足して便秘になりやすいのですが、ベジママに含まれている食物繊維が便秘を解消する働きをしてくれます。

ベジママは授乳中も積極的に飲む事で、母子共に健康に過ごす事ができるのです。

ベジママはいつからいつまで飲むのがいいの?

サプリは誰にでも、飲んですぐに効果が出る訳ではないので、妊活中の場合はできるだけ早く飲み始めましょう。

妊娠、出産してからも継続して飲み続ける事をお勧めします。

ベジママに入っている成分は人間の体には必要な成分なので不足しないよう、妊娠、授乳中以外でも飲む事で良い効果が期待できます。

ベジママの詳細

ベジママ

価格 5500円(税抜)
内容 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 初回半額キャンペーン中➝2750円(税抜)
形状 タブレット
サプリの大きさ 10mm
発送 地域にもよるが早い地域で翌日にお届け

ベジママを最安値で購入するならこちら