添加物

ベジママの添加物の危険性はあるの?

ベジママにはどんな添加物が含まれているの?

ベジママには結晶セルロースと、ステアリン酸Caいう添加物が含まれています。

結晶セルロースは、サプリを固形に固める際に使われているものです。摂取しても問題ないとされているものですが、無制限に使用した場合は、100%安全とは言い切れないので使用制限が設けられています。

ステアリン酸Caは混ざりにくい成分をなじみやすくするために使われる添加物です。例えば水と油など、通常分離してしまうものを一緒に製造する際に使用されます。ステアリン酸Caも体には害はないものですが念のために使用制限が設けられています。

結晶セルロースもステアリン酸Caも昔から長く使用されている添加物ですが、何か体に害が及んだといった報告は一度もないので使用しても安心な添加物と言えます。

ベジママに使用されているものはわずかな量なので心配の必要はありません。

そもそも危険な添加物ってどんなものがあるの?

サプリを含め、現在私たちが口にしている食品にはほとんど添加物が含まれていると言っても過言ではありません。

例えば豆腐やチーズの凝固剤として使われている塩化カルシウムは塩素が含まれていますし、腐りにくくするための防腐剤、色素をつけるための着色剤、他にも様々なものがあります。

しかしどれも日本で売られているものに入っている添加物は人体に影響はないとされています。

危険とされている添加物は日本のサプリや食品には含まれていません。

気をつけなければいけないのは、輸入された外国産のサプリです。安全基準は国によって違うので、中には日本では使用が認められていない添加物が含まれている場合もあります。

葉酸サプリは妊娠中に飲む方も多いと思うのでできるだけ国内製造されているものを選んだ方が安全かもしれません。

外国産がすべて危険という訳ではなく、逆に日本よりも厳しい審査基準を設けている国もあるので、購入する前に口コミやネットなどで調べて安全を確認すしてから購入する事をおすすめします。

サプリにはみんな添加物が含まれているの?

サプリにもよりますが、60~90%の割合で添加物が含まれている場合が多いです。もちろんすべてではありませんが、市販の薬局などに置いてある、安いサプリなどは特に添加物が多く含まれていると言われています。

90%となると、もうほとんど添加物の塊を食べているようなものですから、あまり気持ちのいいものではありませんよね。

製造元によって使用されている添加物の種類や量も違うので、購入する際には何が含まれているのか確認する事が大事です。

基本的に食品に含まれる添加物よりもサプリに含まれる添加物の方が多いと言われていますが、必ずしもそうではありません。

サプリには成分が濃く凝縮されているため、添加物も濃いと思われがちですが、サプリに含まれる添加物の多くの役目は固形にするためのものです。

なので必要最低限のものしか使われていない事がほとんどです。

ほとんどのサプリには添加物が含まれていますが、中には天然、無添加にこだわって作られているものもあります。

無添加のサプリは製造の際にコストや手間がかかるので価格は高めに設定されている場合が多いです。

無添加のサプリを飲むメリット

無添加のサプリを飲んでいたとしても、食事で添加物を摂っていたのではあまり意味がないように思います。

それでも無添加のサプリを飲むメリットとしては「精神的な安心感を得られる」という事ではないでしょうか?

サプリ自体、薬とは違って、即効性が期待できるものではありません。

もちろん、長期に渡って飲み続ける事で効果は期待できますが、「体にいいものを摂取している」という安心感が体にもたらす良い効果もあると思います。

特に妊活中は何かとストレスを感じやすいものです。

不妊治療を辞めたら妊娠したというのは良く聞く話ですよね。

無添加物のサプリを飲む事で得られる安心感と充実感は体に良い影響を与えてくれる事が期待できると思います。

完全に添加物を避けた生活は難しい

サプリに含まれている添加物は体に害はないと言われても気になる人はいますよね。

特に妊活中や妊娠中の場合は普段よりも自分の口にするものには神経質になりやすいものです。

しかし、、他の食品からの添加物を完全に避けて生活するというのは現代の日本では難しいと言えます。

スーパーで売っているジュースやお菓子やちくわなどの練り物製品にもほぼ含まれています。野菜に使われている農薬や、お肉や魚を養殖する際の餌にも添加物が含まれている場合があります。

そう考えると100%添加物を避けるというのはほとんど不可能な事だと言えますよね。

しかし、添加物にもいろんな種類がありますから、できるだけ体に害のないものを摂取するように気をつける事は大事です。

例えば、ファーストフードなどはポテトをサクサクにするために添加物が多量に入った油を使っています。

たまに食べる分には問題はありませんが、日常的にそればかり食べていると体に害を及ぼす危険性があります。

ファーストフードや外食などは加工の際にすでに添加物が多く含まれているので、なるべく家で素材から作ったものを食べる方が添加物を摂取する機会を減らせます。

ベジママは安心して飲める?

ピニトールや葉酸などの他に含まれている成分もすべて体には良い効果をもたらすものばかりです。

添加物が心配という点でも、ベジママは安心して飲めると言えます。

ベジママの詳細

ベジママ

価格 5500円(税抜)
内容 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 初回半額キャンペーン中➝2750円(税抜)
形状 タブレット
サプリの大きさ 10mm
発送 地域にもよるが早い地域で翌日にお届け

ベジママを最安値で購入するならこちら